スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知恵を呼び覚ます

アマゾンなどの先住民はどんな学校に行き、どんな先生に学ぶのでしょう。
自然から学び、盗み取っているのです。
生きるために必要な知恵はDNA(遺伝子情報)の中にすべて入っているのです。

あのスマトラ沖大津波で、ほとんどのゾウは事前に異変を察知して逃げたそうです。
鎖につながれていたゾウは、鎖を引きちぎって、オリに入れられていたゾウは、オリを壊して逃げたそうです。
なぜでしょう。
事前に察知したとしか考えられません。
本当の知恵とはそういうものです。
本当に必要な知恵は自分の中にあります。

たとえば出産や育児。
先進国の人はとても不安を持っています。
でも自然界で、出産や育児に不安を持つ動物はいませんし、先住民も不安を持ったり、ノイローゼになったりしません。
もともと必要な知恵は自分の中にあるのです。
必要なことは必要な時にわかるのです。

書物などで得た知識が増えれば増えるほど、不安になります。
書物は、それぞれ書く人によって違うことが書かれているからです。
なぜならば、同じことが書いであれば買ってもらえないからです。

さらに、こんなことを知っていますか。
教授も、学者も、論文を書かないといけないのです。
新たな学説を発表しないといけないのです。
論文や学説は、これまでと違わないといけないのです。
自分のアイデンティティ(特徴、学説)のために、違う説を唱えなければならないのです。

日本人の1%は、そういう立場の人です。
ということは100万の新説、学説、珍説が生まれるのです。
そのひとつひとつが本になっていると考えれば、その一冊を読んで、一生懸命、その教えを守ったり、「違う!」とか「これでよかったんだ!」と一喜一憂していることはナンセンスだとわかるでしょう。

もっと自分の中の知恵を呼び覚まし、もっと自然から学ばなければならないのではないでしょうか。
必要なことはすべて自分の中に、自然の中にあるということをお伝えします。


「生きる意味―人生を深く掘り下げるワークショップ」 高木善之 著

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

プロフィール

究魂(きゅうこん)

Author:究魂(きゅうこん)

聴く耳を持つ者だけに届けばいい

精神世界ランキング
 ↑誰も押さない?
押してるのは僕だけ?・・・たぶん


魂には幾つかの系譜(けいふ、ライン、ファミリー、霊籍・ひせき)が御座います。

聴く時期に至ったラインのメンバーに届けばと存じます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。