スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の意味や価値はカラダでこそ感じ取るもの

――人生の意味や価値というものはアタマで考えるものではなく、カラダで感じるものである。
アタマで考えられるほど、ちっちゃなものではない。―

老師いわく
「『人間は何のために生まれてきたのか?
でそれは結局、アタマではわからない。
それなのに、アタマで理解しようとすることが間違いなんだよ。

たとえば『人間は何のために子育てするのか?』を考えてみるといい。
自分の子孫を残すため、老後の世話をしてもらうため、なんて身勝手な理由も思いつくかもしれないが、そんなことは、ほとんどの親にとって、どうだっていいことだ。

ただただ『幸せになってほしい』『かわいい』と思うのが親心だろう。

つまり、子育てにはアタマで理解できるような意味や価値がないのだよ。
だからこそ『幸せになってほしい』『かわいい』という親の思いは本物なんだ。

それでは、そもそも子育てには意味や価値なんて存在しないのか?
いや、そうではなく、それをアタマで理解しようとするから見失ってしまう。

遠くから母親を見つけた子どもが、顔いっぱいに笑顔を浮かべながら
『ママー!』と母親の胸に飛びこんでくるその瞬間、母親がカラダ全体で感じているものがある。
全身にこみあげてくる何かがある。
その何かこそ、子育ての意味や価値ではないだろうか。
すでに子育ての意味や価値をカラダは知っているのだよ。

それと同じように、人生の意味や価値というものもアタマで考えるものではなく、カラダで感じるものなんだよ。
アタマで考えられるほど、ちっちゃなものではないんだ。
カラダで感じることしかできないものなのだよ。

しかし、不安や心配で緊張したカラダ、境界線上での戦いに疲れ果てたカラダでは、不感症になって、しっかり感じることができなくなるんだ。
だから何よりもまず、今までカラダにためこんできた緊張を解放し、イマ、ココにどっしりと落ち着けるカラダになることが大切なんだよ」

人生の意味や価値とは、アタマで理解するものなんかではなく、カラダで感じることしかできないものだという老師の言葉に、僕は本当に驚かされました。

これまで、死にたくなるほど悩み考えても、その答えが得られなかったのは、知識や経験が足りないからではなく、とらえ方がまったく違っていたことに気づかされたのです。


『願わなければ叶う5つの真実』(有野真麻(ありのまあさ) 著)
   ・・・掲載に際して一部の文章を割愛しました(究魂 拝)

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

プロフィール

究魂(きゅうこん)

Author:究魂(きゅうこん)

聴く耳を持つ者だけに届けばいい

精神世界ランキング
 ↑誰も押さない?
押してるのは僕だけ?・・・たぶん


魂には幾つかの系譜(けいふ、ライン、ファミリー、霊籍・ひせき)が御座います。

聴く時期に至ったラインのメンバーに届けばと存じます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。