スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由なしに人生の目的を見つけることはできない


私たちが討論し、見い出そうとしているのは、人生にははたして目的があるのかどうか、その目的は測ることができるのかどうかということです。

もしあれば、それは既知なるものの見地、過去の見地でのみ測ることができ、そして私が既知なるものの見地で人生の目的を測るとき、私はそれを自分の好悪に従って測ることでしょう。
それゆえその目的は自分の願望によって条件づけられ、ゆえにそれは目的ではなくなるのです。
そう、これは明らかなのではないでしょうか?

私は、人生の目的を自分自身の偏見、要求、願望のスクリーンを通してのみ理解することができるのです――さもなければ、判断できません。
ですから、物差し、巻尺、判断の基準は私の精神の条件づけであり、そして自分の条件づけの指図に従って私は何が目的かを決めるのです。

が、それが人生の目的と言えるでしょうか?
それは私の要求によって生み出されたのであり、それゆえ明らかにそれは人生の目的ではありえません。

人生の目的を見い出すためには、精神は測定から自由でなければなりません。
そのとき初めて、それは見い出すことができるのです。
さもなければ皆さんはたんに自分自身の要求を投影しているにすぎません。

これはたんなる知的説明ではなく、もし皆さんがそれを深くまで探ってみれば、皆さんはその意義を把握することでしょう。
結局私は、自分の偏見、自分の要求、願望、先入的愛好に従って人生の目的とは何かを決めるのです。
ですから、私の願望が目的を生み出すのです。
明らかに、そんなものは人生の目的ではありえないのです。

人生の目的を見い出すことと、精神がみずからをそれ自身の条件づけから自由にすることと、どちらがより重要でしょうか?
で、精神がそれ自身の条件づけから自由なとき、まさにその自由自体が目的なのです。
なぜなら、結局、自由においてのみ人は真理を発見することができるからです。

ですから、まず第一に必要なのは自由であって、人生の目的を探すことではないのです。
自由なしには、それを見つけることができないのです。
自分自身のちっぽけな要求、追求、野心、羨望、悪意から解放されないかぎり、これらのものからの自由なしに、いかにして人生の目的を探し、発見することができるでしょう?

ですから、人生の目的について探究している人はまずなによりも、探究の道具が人生の目的、自分自身という存在の心理的な複雑さを見抜くことができるかどうかを確かめることが重要なのではないでしょうか?
なぜなら、私たちが持っているのは、自分自身の要求に合うように形作られた心理的道具だけだからです。
そしてその道具は私たち自身のちっぽけな願望から作り出されるのであり、私たち自身の経験、心配、不安そして悪意の結果に他なりません。

ではいかにして、そのような道具が真理を見い出すことができるでしょう?
それゆえ、もし人生の目的を見い出すつもりなら、そもそもその探究者がそれを理解し、発見することができるかどうかをまず見い出すことが大切なのです。

私は皆さんに逆ねじを食わせようとしているのではなく、私たちが人生の目的について探究するときにはそういったすべてが含意されているのだということを指摘しているのです。
私たちがその問いを出すときは、はたして質問者、探究者が理解できるかどうかをまず見い出さなければならないのです。

(究魂 注:クリシュナムルティは言葉の使い方で、「私」と「あなた」をよく入れ替えて使います。)

『自由とは何か』
    (J.クリシュナムルティ 著)
  ・・・掲載に際して一部の文章を割愛しました(究魂 拝)

テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

プロフィール

究魂(きゅうこん)

Author:究魂(きゅうこん)

聴く耳を持つ者だけに届けばいい

精神世界ランキング
 ↑誰も押さない?
押してるのは僕だけ?・・・たぶん


魂には幾つかの系譜(けいふ、ライン、ファミリー、霊籍・ひせき)が御座います。

聴く時期に至ったラインのメンバーに届けばと存じます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。